ete

MENU

電機連合福祉共済センター

Q&A

よくある質問

新型コロナウイルス感染症による給付金請求について

けんこう共済けんこう共済アシスト

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症へ罹患された皆様へ心からお見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染拡大により、お電話が大変繋がりにくくなっております。また、新型コロナウイルス感染症の給付金請求が増加しており、給付金のお支払いまでに通常よりお時間を要しております。
福祉会の方には、給付金請求に必要な書類の発送にもお時間をいただいております。

ご請求はご家族ご一緒の給付請求でも同日にお支払いできない場合がございますので、予めご了承ください。

ご加入者様には大変ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。


新型コロナウイルス感染症につきまして、請求方法と取扱いについてご案内します。

【請求方法】

64歳以下(退職者含む)の方およびけんこう共済アシストにご加入の方は、所属労働組合が窓口です。
65歳以上の方は福祉会事務局が窓口となります。
ご請求書類は、労働組合または加入者向けサイト内「各種共済書類ダウンロードサイト」から入手いただくことができます。加入者向けサイトのユーザー名・パスワードは、ご加入者のしおり裏面をご覧ください。

【取り扱い】

以下の給付金についてお支払いいたします。ただし、ケガのみを補償するDタイプ・Dコース・HDコースを除きます。


取扱い見直しの背景

「けんこう共済」「けんこう共済アシスト」では、新型コロナウィルス感染症と診断され、入院による治療が必要であったにもかかわらず、宿泊施設または自宅にて医師等の管理下で療養をされた場合は「入院」(みなし入院)として取扱い、給付金の支払対象としておりましたが、この度政府において、2022年9月26日以降、新型コロナウィルス感染症に係る発生届の対象範囲について全国一律に重症化リスクの高い方に限定する旨を決定し発生届の対象範囲を変更したこと、また新型コロナウィルス感染症が軽症化している傾向があることをふまえ、2022年9月26日以降は以下のとおり見直します。

【みなし入院対象の取扱い見直し】
2022年9月25日(日)※以前 2022年9月26日(月)※以降
新型コロナウィルス感染症と診断された方で、入院による治療が必要であったにもかかわらず、宿泊施設または自宅にて医師等の管理下で療養された方 新型コロナウイルス感染症と診断された
以下の(1)~(4)のいずれかに該当する重症化リスクの高い方<みなし入院の対象となる方>
(1) 65歳以上の方
(2) 入院を要する方
(3) 重症化リスクがあり、新型コロナ
   ウイルス感染症治療薬の投与
   または新たに酸素投与が必要な方
(4) 妊娠されている方

※診断日は「検査結果判明日」とします。検査を実施しない「みなし陽性」の場合には、医師が診断した日となります。
医療機関を受診せずフォローアップセンターに登録された場合には、結果通知がなされた日を診断日とします。

なお、2022年9月25日(日)以前に新型コロナウィルス感染症と診断された方へのみなし入院による給付金支払いは、重症化リスクに限らず、これまで通りの取扱いを継続します。


入院給付金(がん以外)

医療機関に入院した場合

検査による結果が、陽性・陰性にかかわらず、医師の指示で医療機関に入院された場合は入院給付金(がん以外)をお支払いします。

【給付金請求書類】

※ ご提出いただいた書類に必要な情報が確認できない場合には、追加書類のご提出等、別途ご対応をお願いする場合がございます。

宿泊療養または自宅療養をした場合(みなし入院)
2022年9月25日以前に診断された方
2022年9月26日以降に診断された方

休業補償給付金<基本契約本人のみ>

2022年9月25日以前に診断された方

2022年9月26日以降に診断された方

上記は2022年9月26日(月)時点での取扱いであり、今後法令の改正等により変更する可能性があります。


手術給付金

所定の手術をした場合にお支払いします。
手術給付金の支払対象につきましては、診療明細書に記載される手術名をご確認いただき、福祉共済センターへお問合せください。


死亡または後遺障がい給付金

【けんこう共済】
死亡:疾病死亡給付金をお支払いします。
後遺障がい:お支払い対象外です。

【けんこう共済アシスト】
死亡:疾病死亡給付金をお支払いします。
なお、こくみん共済保障持分のみ不慮の事故としてお支払いします。
後遺障がい:こくみん共済保障持分のみ不慮の事故としてお支払いします。

上記は2022年9月26日(月)時点での取扱いであり、今後法令の改正等により変更する可能性があります。

よくある質問

※ 入院給付金につきましては、2022年9月26日以降に診断された場合は取り扱いが異なります。


Q1.新型コロナで入院・休業した場合、給付対象ですか?

A1.入院給付金:ご請求いただけます。
休業補償給付金:基本契約本人(A・B・C・Yタイプ)が新型コロナの治療を目的として、医師の治療を受けている状況下(初診から終診まで)で、医師の指示により自宅等で治療のために業務に全く従事できない日が5日以上継続する場合に、ご請求いただけます。


Q2.家族が新型コロナ陽性となり、私が濃厚接触者として自宅待機となった場合、給付されますか?

A2.濃厚接触者としての自宅待機期間は、給付金お支払いの対象ではありません。


Q3.「けんこう共済アシスト」で新型コロナによる共済事故は、不慮の事故として給付されますか?

A3.新型コロナによる共済事故は病気扱いですが、死亡、後遺障がいの場合にはこくみん共済保障持分のみ不慮の事故扱いとなります。


Q4.「けんこう共済」、「けんこう共済アシスト」以外で、給付される共済はありますか?

A4.万一死亡された場合は、「ゆうあい共済」死亡・高度障害見舞金の対象です。また、「ファミリーサポート共済」における死亡共済金、重度障がい共済金の給付対象です。

解決しない場合は・・・

お問い合わせフォームからご連絡いただくか、ご所属の組合(福祉会会員は福祉会事務局)にお問い合わせください。
※お問い合わせフォームの「お問い合わせ種別」はご契約されている共済を選択してください。

お問い合わせフォームへ

Q&A トップに戻る

画面の一番上に戻る