ete

MENU

電機連合福祉共済センター

ねんきん共済・悠々プラン

ねんきん共済 加入資格

電機連合の組合員で、申込日現在で健康で正常に就業している加入日現在満15歳以上満58歳未満の方

ねんきん共済 加入手続き

●募集期間
申込受付・口数変更は月払が年3回、半年払が年2回です。

■申込日程 (月払年3回、半年払年2回が新規加入・口数変更時期となります)

組合での新規加入
申込書受付期間
福祉共済センター
申込書締切日
第1回掛金引落日 新規加入日・口数変更日
月払 半年払 月払 半年払
2020年
1〜2月
2020年
3月12日(木)
2020年
5月12日(火)
2020年
8月12日(水)
2020年
6月1日(月)
2020年
9月1日(火)
2020年
4〜5月
2020年
6月12日(金)
2020年
8月12日(水)
2020年
8月12日(水)
2020年
9月1日(火)
2020年
9月1日(火)
2020年
8〜9月
2020年
10月12日(月)
2020年
12月14日(月)
2021年
2月12日(金)
2021年
1月1日(金)
2021年
3月1日(月)

■一時払積立申込日程 (積立は年2回まで可能です)

  福祉共済センター申込書締切日 掛金引落日 積立日
月払 2020年
4月15日(水)
2020年
5月12日(火)
2020年
6月1日(月)
2020年
7月15日(水)
2020年
8月12日(水)
2020年
9月1日(火)
2020年
10月15日(木)
2020年
11月12日(木)
2020年
12月1日(火)
2021年
1月15日(金)
2021年
2月12日(金)
2021年
3月1日(月)
半年払 2020年
7月15日(水)
2020年
8月12日(水)
2020年
9月1日(火)
2021年
1月15日(金)
2021年
2月12日(金)
2021年
3月1日(月)

組合員個人の方へ

「加入申込書」の記入について

  1. 加入申込書は、「ねんきん共済パンフレット」の中にあります。ご所属の組合よりお取りよせください。書類の提出先も組合になります。
  2. 記入内容は機械処理いたしますので、指定された枠内に楷書で丁寧にご記入下さい。
  3. 同時加入の一時払(生保分)はこの申込書で申込みすることができます。
  4. 既加入者で、ねんきん共済の変更(増・減口、一時払積立)を行なわない場合は、当申込書の提出は不要です。

※記入例はこちら(PDF)

組合・支部の方へ

加入申込のとりまとめについて

  1. 申込者から提出された加入申込書を受付けてください。組合で日付入受付印を必ず押してください。
  2. 上記書類の記入内容が正しいか、記入・押印モレがないかを点検してください。
    [不備のある場合]申込者へ返却し、再度、正しい加入申込書類を提出してもらってください。
  3. 加入申込書をとりまとめのうえ、福祉共済センターへ送付してください。

掛金の「引き落とし口座」について

  1. 「ねんきん共済」(月払、半年払とも、)「けんこう共済」は共済加入者番号が共通の為引き落とし口座は同じ口座にしてください。1人1番号1口座で管理してします。
  2. 「ねんきん共済」既加入者の方は口数変更の際に加入申込書の「引落し口座」欄および 「預金口座振替依頼書」に記入されても口座は変更されません。(記入は不要です。)

※口座変更をご希望の方は、別途「加入者内容変更通知書」をご提出下さい。

ねんきん共済を活用して保険の見直しをしてみましょう!

ゆとりある老後を迎えるためには毎月いくら必要なのか、今準備を始めるなら毎月いくら分の積立が必要なのかを試算しましょう!

ねんきん共済シミュレーション

ねんきん共済計算シート受取年金額の試算を行ってみませんか?

(既加入の方)毎年12月末に郵送されております「積立金明細書」から将来のお支払い額を試算しましょう。
(未加入の方)これから加入をお考えの方もご利用いただけます。

ねんきん共済計算シート

ねんきん共済 お問い合わせ・お申し込み

ねんきん共済Q&A/お問い合わせ

※「各種申請用紙(住所・口座変更・脱退請求書・一時払申込書)」はご所属の組合(または支部)にご用意がございます。

加入申込書Web作成サイト

加入申込書Web作成サイトへ

※お申し込みはこちらの加入申込書Web作成サイトをご利用いただくか、ご所属の組合(支部)の共済担当者を通じてご入手ください。

パンフレット

電子ブック版をブラウザで見る

PDF版をダウンロードする

※パンフレットには加入お申し込み書は入っていません。なお、上記の「加入申込書Web作成サイト」から作成することができます。

画面の一番上に戻る